• ロゴ
  • CSR/ESG
  • ダイバーシティ推進

ダイバーシティ推進

多様な人材の
活躍を
推進するために

多様な人材が活躍できる環境づくりを目指しております。

プラチナくるみんの認定取得

プラチナくるみん
子育てサポートしています

当社は仕事と子育ての両立支援や男性社員の育児参加促進に向けた取り組みを評価され、2019年10月15日付けで 改正次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定企業として、『プラチナくるみん』の認定を取得しました。

プラチナくるみんの認定取得

行動計画

アイフルでは、女性の職業生活における活躍を推進するために「行動計画」を策定しております。
これからも、女性社員の採用拡大や役職登用など積極的に女性の活躍推進に取り組んでいくとともに、男女を問わず、従業員が働きやすい環境整備に取り組んでまいります。

当社の課題

(1) 正社員の女性割合が少ない
(2) 女性役職者の人数が少ない

計画期間

2022年4月1日~2025年3月31日

数値目標

1.(2025年3月期)正社員の採用に占める女性割合を40%以上とする

2.(2025年3月期)女性役職者の人数を2022年3月期比140%にする ・・・女性管理職の人数を2022年3月期比140%にする ・・・女性係長職の人数を2022年3月期比140%にする

取組内容と実施時期

1.女性採用の拡大
(1)2022年4月~
両立支援制度の積極的告知の継続(ホームページ・女性の活躍両立支援総合サイト等)
(2)2022年4月~
職場見学の積極的案内の継続(会社説明会・インターンシップ等)
2.女性の育成・登用

人事制度

(1)2022年4月~
役職任命基準の見直しの継続
(2)2022年4月~
人事評価制度の見直しの継続
(3)2022年4月~
福利厚生制度の見直し

意識改革

(1)2022年4月~
女性役職者のロールモデル・多様なキャリアパス事例の紹介の継続
(2)2022年4月~
育休復職時のフォロー体制構築の継続

企業風土

(1)2022年4月~
柔軟な働き方の選択肢を増やす取り組みの継続
(2)2022年4月~
男性の育児休業や看護休暇等の両立支援制度の利用促進の取り組みの継続

(補足)
上記正社員に関する数値目標・取組内容は、当社グループ会社の共通行動計画となります。
(アイフル雇用の正社員は、アイフルグループとして一体的に雇用管理を行っています。)

(グループ会社名)
ライフカード株式会社、アイフルビジネスファイナンス株式会社、AG債権回収株式会社、AGパートナーズ株式会社、AGキャピタル株式会社、AGギャランティー株式会社、AGストックセンター株式会社、AGミライバライ株式会社、AGメディカル株式会社、AGクラウドファンディング株式会社

取組内容と実施時期

進捗状況(計画期間:2019年4月1日〜
2022年3月31日)
数値目標 実績 対象期間
1.(2022年3月期)正社員の採用に
占める女性割合を40%以上とする
・・・直近1年間の実績40%
39% 2019年4月1日~
2021年10月1日
2.(2022年3月期)女性の役職者数
を2019年3月期比30%増加する
70% 2019年4月1日~
2021年10月1日
女性管理職の人数を2019年3月比
2倍にする
3.5倍 2019年4月1日~
2021年10月1日
女性係長職の人数を2019年3月比
20%増加する
52% 2019年4月1日~
2021年10月1日
参考情報
公表項目 割合・率 対象期間
採用した労働者に占める
女性労働者の割合
正社員48%
嘱託社員66%
契約社員65%
2021年4月1日~
2021年10月1日
管理職に占める女性労働者
の割合
3.5% 2021年10月1日時点
男女の平均継続勤務年数
の差異
男性社員17.5年
女性社員12.1年
2021年10月1日時点
労働者に占める女性労働者
の割合
正社員24%
準社員79%
嘱託社員57%
契約社員80%
派遣社員97%
2021年10月1日時点
一ヶ月あたりの労働者
の平均残業時間
正社員822分 2020年10月1日~
2021年9月30日

定年再雇用制度の導入

時代の変化に合わせ、継続勤務を希望する社員のセカンドライフ支援を目的に、定年により退職した社員をあらためて雇用する定年再雇用制度を導入しています。

障碍者雇用

アイフルグループの障碍者雇用率は2.4%に達し、民間企業の法定雇用率を達成しています。