IR FAQ

最近のよくあるご質問  | 事業環境・経営戦略  | 会社情報・決算内容  | 株式情報・その他

事業環境・経営戦略

Q1

消費者金融事業におけるアイフルの戦略について教えてください。

Q2

信用保証事業について教えてください。



Q1

消費者金融事業におけるアイフルの戦略について教えてください。

A1

消費者金融業界は、大手各社における新規成約件数は引き続き安定して推移しており、これに伴い営業貸付金残高においても緩やかに増加しております。 一方、業界最大の事業リスクである利息返還請求については、ピーク時からは大きく減少し、足元においては減少トレンドがより鮮明になったものの、未だ注視が必要な状況が続いております。

このような環境のもと、当社におきましては、最大の経営課題である利息返還請求へ対応しつつ、新規成約件数や営業貸付金残高などの増加により収益基盤の強化を図るとともに、財務基盤の強化に向けた資金調達の多様化やグループ全体での事業効率の向上に取り組んでおります。

2018年3月第2四半期連結累計期間におけるアイフル単体での無担保ローン新規成約件数が前年同期比0.8%増の9万4千件、営業債権ベースでの営業貸付金残高が前年同期比10.5%増の3,384億円となっており、今後におきましても消費者金融事業がアイフルグループの中核を担ってまいります。

Q2

信用保証事業について教えてください。

A2

信用保証事業とは、提携する金融機関がお客様の申込・貸付窓口としてローン商品の販売を行い、消費者金融会社などが与信審査から融資の保証までを行うビジネスです。消費者金融会社にとって、自己資金を使うことなく、保有するスコアリングノウハウを有効に活用することができる事業です。

なお、当社グループでは、個人向けの無担保ローン保証や事業者向けのローン保証商品を提供しており、当社の与信ノウハウや独立系の強みである「柔軟性とスピード」を活かし、保証提携先拡大に向けた営業並びに新商品の提案・販売促進支援に取り組み、保証残高の拡大に努めております。

以上の結果、2018年3月期第2四半期におきましては、営業債権ベースでの信用保証残高が前年同期比11.4%増の818億円となっております。