IR活動の基本方針

アイフルグループは、「誠実な企業活動を通じて、社会より支持を得る」という経営理念のもと、ステークホルダーの皆様の期待に応えるべく、企業価値の維持向上に努め、企業活動に関する情報を迅速、正確かつ公平な方法により開示してまいります。

情報開示の基準
会社法、金融商品取引法その他の法令及び東京証券取引所の有価証券上場規程に定められた会社情報の適時開示に関する規則等に従い情報開示を行います。また、法令・規程及び規則に該当しない場合でも、ステークホルダーの皆様に当社グループを理解していただくために有用と思われる会社情報について積極的な開示に努めます。

情報開示の方法
東京証券取引所の有価証券上場規程に該当する情報については、「TDnet(適時開示情報伝達システム)」を用いて開示します。また、有価証券上場規程等に該当しない情報についてもプレスリリース、ホームページ等様々なツールを活用して開示してまいります。

沈黙期間
当社グループは、決算発表前の情報漏洩や情報開示の公平性確保のため、決算(四半期決算)期日の翌日から決算発表日までの期間を「沈黙期間」とし、決算に関するコメント及びご質問への回答を控えております。ただし、沈黙期間中であっても、東京証券取引所の有価証券上場規程にて、業績予想の修正等に関する情報開示を適宜行うことがあります。

業績予想及び将来情報の取扱い
当社グループの業績予想等における将来の見通しは、当社グループがその時点で入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づき公表しており、実際の業績等は様々な要因により異なる可能性があります。

社内体制の整備
経営理念を実現するべく、投資判断に重要な影響を与える事実や決算情報を収集・管理し、適時・適切な情報開示を実行する社内体制の整備・充実に努めてまいります。

上へ戻る

上へ戻る